利尻カラーシャンプーとは?

利尻カラーシャンプーとは?
利尻カラーシャンプーは自然派clubサスティ・ブランドから発売されたヘアカラーシャンプー。きめ細かい泡が特徴で、10日から2週間でムラなく白髪が染まります。

27種類の植物成分を配合。天然利尻昆布の成分・フコイダンが乾燥した髪に潤いを与えます。

ジアミン・タール系色素・酸化剤・パラベン・シリコーン・香料・鉱物油といった刺激成分は無添加。素手でも使用可能です。

これまでに1600万本も売れたベストセラーで、口コミが評判となり、愛用者が広がっています。

利尻カラーシャンプーへの誤解

利尻カラーシャンプーの口コミで、低評価が見受けられることがあります。
その原因は主に以下の2点にあると思われます。

1.市販されている白髪染めやヘアカラーと比べてしまう

市販の白髪染めやヘアカラーの価格は1,000円前後。安価で手に入る上にきっちりと染まります。

一方、利尻カラーシャンプーはそんな市販の白髪染めの倍以上のお値段。使用者の中には「市販品よりお高い分、染まり具合や使い心地が良いに決まっている」と先入観をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

ところで、利尻カラーシャンプーはヘアマニキュアタイプ。よって、完全に染めあげるためには1、2度の使用では不十分なのです。

実は、ヘアカラーや白髪染めの市販品には多くの化学薬品が配合されています。染具合が良い一方で、頭皮や毛髪にダメージを与えているのです。

市販の白髪染めなどを長期的に使うと、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。

・アレルギー発症
・頭皮の痒み
・フケの発生
・薄毛

なんでも、最近の市販ヘアカラーや白髪染めの成分が発ガン性物質だった、という研究機関の報告もあります。

その点、利尻カラーシャンプーは成分が天然物質由来。頭皮にダメージを与えず、ナチュラルに染まります。昆布由来成分であるフコイダンのおかげで髪が潤い、パサつかずまとめやすい髪を手に入れられます。

2.付属の説明書をきっちり読んでいない

説明書をろくすっぽ読まず、効果的ではない誤った使い方をした結果、期待にかなう効果が出ない、とお嘆きのユーザーさんがいらっしゃいます。

考えてもみてください。直接地肌につけて使用するわけです。説明書で成分チェックはやはり怠らずにすべきでしょう。

今や、生産地の偽装や異物混入のニュースは常にある時代といえます。

そんな時代だからこそ、説明書に書かれてあることを正確に把握しておくことは大切だと思います。説明書に明示されていることを正確に実行することで、使用後の効果は大きく違ってくるでしょう。

利尻カラーシャンプーに向いている方、不向きの方

利尻カラーシャンプーに向いている方、不向きの方

利尻カラーシャンプーに向いている方

・市販されている白髪染めを定期的に購入して染めたり、美容室に行く手間を面倒に思う人
・市販の白髪染めでかぶれ、アレルギー反応などの症状が頭皮に起こった体験のある人
・白髪染めの市販品はきっちり染まるが、それゆえに毛が伸びると毛穴付近の毛と染まった毛の色の差が際立つのが嫌な人
・発がん性物質を含む化学的な成分が入っているヘアカラーや白髪染めは使いたくない人

利尻カラーシャンプーに不向きの方

・スピーディに白髪を染めたい人
・あまり白髪染めにはお金をかけたくない人
・市販されているヘアカラーや白髪染めで十分に満足している人
・市販の白髪染めによる皮膚への悪影響が気にならない人

敏感肌の人に利尻カラーシャンプーが好まれる理由

敏感肌の人に利尻カラーシャンプーが好まれる理由
利尻カラーシャンプーはコスパも良く、自宅で白髪染めができるお手軽さで人気を博していますが、好まれる理由はそれだけにとどまりません。

特筆すべきは、利尻カラーシャンプーは、ジアミン系の酸化染料を含有していないということです。

市販の白髪染めやヘアカラー剤は酸化染毛剤とされるものです。毛髪のメラニン色素を化学的に脱色。そして、ジアミン系酸化染料の色素で染めるのです。ところがジアミン系の酸化染料は、染め上がりはきれいだという利点があるものの、利用者によってはアレルギー症状の原因になる可能性もあるのです。はじめはアレルギー症状が見受けられなくても、長らく使っていると突然アレルギー反応が出て、その後ずっとアレルギー症状が改善しないこともあるようです。

消費者安全調査委員会は、「毛染めを原因とする皮膚障害」に関する原因調査報告書を平成27年10月23日付けで記しています(消費者庁のHPより)。
消費者庁によると、毎年約200件の皮膚障害のケースが報告されているとのこと。HPには、白髪染めなどの酸化染毛剤は、アレルギー反応を発症させやすいとの記事があります。

その点、利尻カラーシャンプーは天然由来の成分配合。「ヘアマニュキュア」タイプの白髪染めで、化粧品として分類されています。使用したら速攻クリアーに染まるわけではないのですが、素手で毎日扱うことができるほど地肌や毛髪にやさしい成分を含有しています。継続して使うことで徐々にキレイな仕上がりを味わえ、シャンプーをすることできる白髪ケアの手軽さも人気のゆえんでしょう。

利尻カラーシャンプーのメリットとデメリットについて

メリット

地肌や毛髪にとってやさしい成分を配合、というだけではなく、後片付けがとても楽なんです。仮に風呂場などで液をこぼしてしまったとしても、簡単に水で洗い流せます。市販の白髪染めのように、わざわざ汚れを防ぐための敷物を用意する手間も省けます。

デメリット

シャンプー型の白髪染めは「1度利用すればすぐに染まる」という性質のものではありません。週に2、3回と使用回数を重ねていくことで、だんだん髪が染まっていきます。毛髪の染まり具合やスピードには当然ながら個人差があります。

利尻カラーシャンプーの成分とは?

主成分は、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、オレフィンスマホ酸Naです。3つの成分はすべて石油系物質ではありません。

ココイルグルタミン酸TEAとラウロイルメチルアラニンNaとは、肌や毛髪にダメージを与えないアミノ酸成分です。一方、オレフィンスマホ酸Naは強力な洗浄成分。これらの成分が、利尻カラーシャンプーにはバランスよく配合されているのです。

更新日:

Copyright© 『本当に染まる!利尻 カラーシャンプーの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.