利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーの価格を解析

更新日:

利尻カラーシャンプーの天然色素成分

成分を分析
利尻カラーシャンプーには、以下の4つの植物由来天然色素が配合されています。

シコン

シコンは漢字では「紫根」と書きます。数年前、「魔女たちの22時」というバラエティ番組で紫根を使った化粧水が紹介されたことがあり、そのことで知っているという人も多いようです。

全国で繁茂しているムラサキという草の根を乾燥させたもので、抗炎症・殺菌作用を持つため、漢方の生薬として利用されてきました。

また染料としての利用も盛んで、草名の通り、紫色の原料として使われてきた歴史があります。

クチナシ

暖かい地方に自生しているクチナシですが、園芸用としても盛んに栽培されています。

果実にはカロチノイドの1種であるクロシンが含有されていて、乾燥させたものは昔から黄色の着色料として使われてきました。おせち料理の定番である栗きんとんにも用いられるため、年末になるとスーパーなどで大量に並びます。

また漢方ではその乾燥した果実を山梔子(さんしし)と呼び、のぼせ、熱症状、イライラ感、不眠などの軽減に効果があります。

ウコン

ウコンはその二日酔い対策効果が盛んに喧伝され、ドリンクの材料としてすっかり有名になりました。英語ではターメリックと呼ばれ、主要スパイスとしてインド料理に欠かせません。日本のカレーのルーにも必ず入っているので、知らないうちに口にしていることが多いわけです。

鮮やかな黄色をしているため、昔から染料としても幅広く使われてきました。黄色く見えるはその成分であるクルクミンというポリフェノール化合物のせい。そのため、クルクミン単独でも着色料として用いられます。

アナトー

ベニノキという熱帯地方の低木の種から採られたもので、黄、赤、茶色の着色料となります。

極めて低価格なため、キムチ、パン粉、煮ダコ、えび、焼肉のタレなどに幅広く配合されています。

利尻カラーシャンプーはジアミン不使用

成分をチェック
ドラッグストアに行くと、大抵の店で白髪染めがひとつの棚を占領しています。やはり白髪というのはいかにも年寄り臭く見えるため、それを隠そうという女性(あるいは何割かの男性)が多いということでしょう。

各店舗とも有名メーカーによる2剤式の永久染毛剤が目立つのですが、実はこれらの染毛剤はその成分に問題がある、といわれています。

例えば、それらの製品の口コミでは、「かぶれた」「化膿した」「赤みがとれない」「かゆみが出てきた」などの感想が目立ちます。典型的な副作用で、特に敏感肌の人にはこういう症状が出てくるようです。

この原因といわれているのが、「ジアミン」という物質。市販の白髪染めには必ずといっていいほど配合されていて、成分表ではパラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンと表記されるものが多いようです。

この物質は髪を染める力は強いのですが、それだけ肌への刺激も伴います。「白髪を染めると地肌を痛める」とよくいわれるのはこの成分のせいで、使用には注意が必要となります。

特に体質に合わなかった場合の副作用は深刻で、アナフィラキシーショックを起こし、呼吸困難になった例も報告されています。

もし肌が弱いという自覚があるなら、ジアミン配合の白髪染めは避けるほうが賢明です。

その点、利尻カラーシャンプーならジアミンはもちろん、刺激の強い成分であるタール系色素・酸化剤・パラベン・シリコーン・香料・鉱物油は一切無添加です。

染めるのには時間がかかりますが、その分安全に使うことができます。

利尻カラーシャンプーの口コミ

-利尻カラーシャンプー

Copyright© 『本当に染まる!利尻 カラーシャンプーの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.